マイホーム購入ナビ~注文住宅をお求めの方へ~


マイホームの購入をお考えの方はぜひ「ハウスン」にお任せください

 

建て売りVS注文住宅

TOP >> 建て売りVS注文住宅

建て売り住宅と注文住宅、どっちがいいの?!

マイホームを購入するとき、建て売り(分譲)住宅を購入するか、注文住宅を建てるかで、悩まれる方も多いと思います。
自分の目で見て確かめられる「建て売り住宅」か、夢を形にできる「注文住宅」か…。
以下の表で、皆様が気になる項目ごとに比較しています。

  建て売り 注文
価格
建て売りを販売している会社には、広告費や購入後の経費が販売価格に含まれている場合があります。注文住宅なら広告費などは含まれていないので、余分なコストをカットできます。
土地
土地を探す時間を考えると、建て売りは建物とセットなので、すぐに購入できます。ただし、その土地が自分に本当に合った土地なのかどうかを確認する必要があります。
構造
建て売りの場合は、すべて完成しているので「どのような過程で造られているのか」など、工事の様子を見ることができません。注文住宅で設計事務所が管理する場合、監理・検査の充実により、高性能の住宅を購入できます。
間取り
大きな違いは、「既にできている」か「これから造る」かです。注文住宅なら予算内で気に入った間取りを追求することができます。
内装
間取りと同様、建て売りの場合は変更することが難しいですが、注文住宅の場合は予算内であれば、自分の好きな素材やデザインを選ぶことができます。
設備
建て売りでは自分が気に入らない設備でも既についていることが多くあります。注文住宅なら「こっちの設備は安くして、こっちにお金をかけて」とメリハリをつけて選択できます。
増改築
建て売りは一般的な購入層を考えて造られていますが、これはあくまで予想されてたけのもの。それに比べて注文住宅ならご家族の将来を考えて自由に造ることができます。

上記の表を参考にしてみるとわかるように、建て売り住宅は余計な費用や予想していなかった費用が突然かかる場合があります。やはりご家族のことを考えると、住みやすい家を自由に造りたいなら注文住宅がおすすめです!

建売住宅と注文住宅、どっちがいいの?!

 

>> 注文住宅購入のポイント

 

Copyright (C)マイホーム購入ナビ~注文住宅をお求めの方へ~ All Rights Reserved.